05月 « 2017年06月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  » 07月

スポンサーサイト

--年 --月--日 --:-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

熊野本宮大社

2006年 01月16日 11:33 (月)

明治に現在の場所に建替えられて今年で100年だそうです。

元の跡地には、高さ35mあまりの巨大な鳥居が建てられていました。初めて見ました。

この場所は横に川が流れており、100年ほど前に水害によって流されたそうです。

その時の水害は上流の十津川村にもたくさんの死者と甚大なる被害をもたらしたそうです。十津川村の生存者のうちの多くが生計が成り立たな
くなり、ブラジルへ多くの人々が移民したそうです。悲しい歴史です。

本宮大社は、そのこともあり、小山の上に再建されました。
水害のことを思うと頭が痛くなります。
100年たっても、同じようなことが起こるのは、自然の力の偉大さなのか、人間の怠慢なのか、それとも偉い方々の・・・・・・・?























関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

いつ行けるかな?

2006年01月21日 00:56

この大鳥居は、人々の苦しみ悲しみをずっと見てきたのですね。
そのすへては、いつか思い出に変わるのでしょうか。

確か、元有った所は中州だったですね。100年前の水害に遭うまで長い年月水害にも遭わず、そこにあった方が驚きです。
明治維新の前夜は気象状況が悪く、飢饉が続いたとか、異常気象があると、時代は動くのでしょうか。昨今も異常気象が続きますね。また、時代が大きく動くのでしょうか。

熊野三山はこの熊野本宮大社だけ行っていません。行きたいなと思っているのですが、今、縁がないようです。きっと行く時が来たら、行けるのだと思います。それを待っています。

2006年01月18日 00:22

那智勝浦は、「那智の大滝」を見に行ったことがあります。
昨秋に諏訪湖の辺の諏訪大社にも行きましたが、荘厳な雰囲気
は同じですね。十津川の人がブラジル移住ってのは知りませんでした。北海道開拓で苦労した話はテレビで見ました。北海道にも十津川があって、玉置さんて苗字も多いそうです。
独身自分は那智勝浦経由で一人潮岬に通ったなぁと感慨深いです。
よく「彼女でも作らんかい」って言われていたのが懐かしいなぁ。
お元気そうで何よりです。近況は元気で、詳細はブログを見てください。自分も遠くに来てしまって、寂しい限りですが...。
未だにいろんな繋がりを感じながら。また、助けられ励みにして
頑張っています。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。